学校理念・校長挨拶

学校理念

医療・福祉分野で35年の実績を持つ
学校法人『未来学園』

学校法人未来学園は、1986年に医療秘書学科、歯科衛生学科の2学科で開学しました。
現在は、前橋医療福祉専門学校に医療秘書学科、介護福祉学科、理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科を
高崎歯科衛生専門学校には歯科衛生学科を併設しております。
2013年には、姉妹校として京都文化医療専門学校を二条城前に開校しており、
全国でも有数の規模を誇る医療、福祉の総合学園として、35年の歴史の中で8,000名以上の卒業生を医療、福祉施設へ輩出してまいりました。
現在、約1,000名の学生が在籍しています。
未来学園は医療、福祉分野に必要な専門的知識、技術、態度を養い、実践力を身につけると共に、
人間愛を基礎とし、全人的なかかわりや援助、ケアが実践できる医療、福祉従事者を養成しています。
未来学園では教育方針に「Learning Together, Thinking Together」を掲げ、教職員一同、医療、保健、福祉の発展のために学生と
「共に学び、共に考える」教育を実践しています。
医療、福祉従事者は人々をより幸福にするために存在する職業人です。
未来学園で医療、保健、福祉の未来について大切なものは何かを共に学び、共に考えてみませんか。

校長挨拶

校長挨拶

歯科衛生士の立場からチーム医療を担える人材を育てます。

高崎歯科衛生専門学校では、歯科医療の専門知識・技術の修得とともに、
乳幼児から高齢者までの生活習慣を読み取る感受性を養い、こころ豊かな歯科衛生士を養成します。
また、コミュニケーション能力を高め、心と身体を総合的に理解し、歯科衛生士の立場からチーム医療を担える人材を育成します。
私たちは、医療に携わる者として、人間の身体や健康に関心を持つことをとても重要だと考えています。
まずは自分自身の身体を知ることから始めます。
また、健康づくりを支援するために、患者様の生活を変えていただかなければならない場合もあります。
それはお互いの信頼関係があって初めてできることです。
スキルや知識だけではなく、相手を思う心と、それを表現して、伝える力が求められます。
医療人として必要なコミュニケーション能力をアットホームな雰囲気の本校で、ぜひ育んでほしいと思います。

高崎歯科衛生専門学校 校長
野口 智樹